MENU

気をつけないといけないこともある

コエンザイムQ10はもともと人間の体内にある成分ですから、摂取することによって副作用があったりするというものではありません。
でもサプリメントとして摂る場合、「摂りすぎてしまう」ということがあったりするかもしれません。

 

サプリメントはコエンザイムQ10だけではなくて、サプリメントとして加工するために添加物を使っていることもあります。
コエンザイムのサプリメントを使用するときにはコエンザイムの含有量とか効果にばかり注目がいって、添加物のことはあまり考えないのではないでしょうか。

 

決められた用量を守らないで、「早く効果を出したいから」と勝手に大量に飲むようにしたりすると、コエンザイムよりも添加物の過剰摂取による影響があるかもしれません。

 

サプリメントを利用する場合は、定められた用法・用量をきちんと守るようにしましょう。
薬じゃないんだから、という言い訳はやっぱり通用しないものです。

 

健康の目的で利用しているものが原因で体調を崩してはもったいないことだと思います。

 

コエンザイムQ10を摂る場合に気をつけたいのは「一緒に摂らないほうがいい成分がある」ということです。
唐辛子に含まれるカプサイシンは脂肪の燃焼効果や血行促進などでダイエット系サプリメントに使われていることが多いものです。

 

ところがコエンザイムもまた「燃焼系」の素材としての効果があります。
この二つを一緒にとると、お互いの効果を打ち消しあってしまうというのです。

 

美肌のためにコエンザイムのサプリメントを、ダイエットとのためにカプサイシンを含むサプリメントを利用するということもあるでしょう。
でも気をつけないと、せっかくの効果がまったく意味の無いことになってしまいます。

 

唐辛子を多く使った料理も人気ですが、こちらも気をつけないといけないことは言うまでもありません。
まあ、たまに楽しむくらいならそれほど神経質になることもないのではないかと思います。
激辛料理を毎日食べる、となるとコエンザイムのことよりも胃が悪くなってしまうのではないかというほうが心配になりますね。

 

カネカ 還元型コエンザイムQ10